2015年10月27日

空き家対策特別処置法

 先日 5月に施行された空き家対策特別処置法の初の解体作業が横須賀市で
行われたとニュースになっていました。以前私のお客様からも、隣の家が
空き家でいつ崩れるかわからないから心配だとのお話を受けたことがあるのですが、
文京区・豊島区あたりでも空き家と思われる家がかなりあります。
 解体費用は行政が出すので、これは税金として住民の負担が増えることにもなり
簡単には解決しない問題でもあります。
 家は人が住まないと著しく老朽化していきます。一方で豊島区文京区は賃貸需要が
多いエリアでもあるので、所有者がリフォームをして採算があうような優遇処置を
とることが望まれます。
posted by ベッチー at 18:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

省エネ住宅ポイント終了

 省エネ住宅ポイントは10月21日で終了しました
終了日は 自分が当初予測していたよりも、大分遅かったのですが
申請に間に合わなかった方もいらっしゃると思うと残念です。

 住宅に関する補助金は、景気対策としても有効だと思うので、
また実施してもらいたいものだと思います。
posted by ベッチー at 12:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

1985年から2015年へ

 今日はバックトゥザフューチャー2でデロリアンが向かった未来の日ということで、
映画が製作された1980年代が予測した未来像がどれくらい当たっているのかということが
ネットでも話題になっていました。空を飛ぶ車こそないものの、タブレット端末やテレビ
電話は実用化されており、自動的に紐を調節する靴も販売されていたりして、結構的確に
未来を予測していた思います。

 映画に出てくる以外で、リフォームに関係する設備はどのように変わったかと考えると
例えば、トイレはシャワートイレが一般的になり、排水に使用する水の量もかなり少なく
なりました。2003年、私が住宅営業を始めた頃は 「昔のトイレは16リットルも水を
水を使っていましたが、今は半分の8リットルです」と説明していましたが、2015年では
一番の節水型のトイレはわずか4リットルしか必要ありません。
 キッチンもスライド式が主流になり、収納量も格段に増え 掃除が楽になる工夫や、
調理、後片付けが楽になる機能が大分増えました。ユニットバスも、お湯が冷めにくい
浴槽が主流で、床も冷たくなく乾きやすいものとなっています。
 
 既に行き着くところまで進化したのではないかとも思うのですが、この先さらに
現在想像も出来ないような進化する可能性があるかと思うと楽しみです。
posted by ベッチー at 11:41| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。