2016年08月26日

吸音工事 

  以前から何度かブログで紹介していた、電車の騒音にお悩みの
 お客様の件です。玄関ホールに室内用防音ドアを設置することで
 だいぶ音が静かになったと喜んで頂きました。
  ただ、かなり良くなったものの、音がこもるような感じがして
 いるとのことでした。
  マンションの玄関ホールが玄関ドアと室内用防音ドアで区切られる
 ことにより、1㎡ほどのスペースで音が反響しているようです。電車
 の騒音が硬いドアにはじかれて行ったり来たりしているのでしょう。
  そこで、DAIKENのオトピタという商品をご提案しました。
 音を吸い取る効果があるとされているものです。

  IMG_5376.JPGIMG_5377.JPG
 厚みがあるのが低音域用で、薄いのが高音域用です。デザイン的に
あえて凹凸が出るように設置してみました。これは後から外してつけ
かえること可能となっています。
 クッション性のある壁を取り付けることにより音の反響を防ぐ効果を
狙います。

 設置した結果はというと、明らかに音の反響は無くなりました。
この手の商品は設置後の効果を保証することは出来ないのですが、
この現場では効果があったようで、安心しました。
 ご相談を受けた当初は、電車の騒音で夜も眠れないということだった
のですが、防音ドアと吸音壁の相乗効果で安眠出来るレベルになった
と喜んでいただきました。
posted by ベッチー at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。