2016年10月08日

押入れのクローゼット化 その2

 今回のご提案では
 ①押入れの奥行の有効活用
 ②湿気対策
 ③ふすま(扉)のデザイン一新

 上記3点に留意したリフォームにしました。
 まず① 押入れの奥行の有効活用では、
ハンガーパイプの奥に縦形のハンガーを
設置しました。
016a56c772341235534af3c9975b1d8a8f325f1f59.jpg0167c33912c21a53cf0ece576a3c02446049280580.jpg016cac407cec4cbd1f67b205969946affc23a6b0f4.jpg
 この縦形のハンガーは首を振ることが出来るので、斜めにしたり
壁につけることも可能です。
 普段使う服は手前のパイプハンガーにかけて、礼服や季節違いの
服は奥の縦形のハンガーに掛けて頂く提案です。
 
 ②の湿気対策としては 調湿機能付きの石膏ボードを下地の
うえに貼りました。およそ3リットル分の水分を調湿することこと
が可能なようです。

 ③ふすまのデザインを一新するに当たっては、ドアを新規に
 製作いたしました。01019580284b4a1c52ffe538aa6d978f6dc115d9c5.jpg
  このドアの柄はお客様に選んで頂いたのですが、ちょっと
 威圧感があるとのご指摘を頂きました。天袋の引き戸は
 白系統を提案すべきだったかと悔やまれます。
posted by ベッチー at 14:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。